about

“TAGS WORKING PARTY” is an idea rooted in the rebellious art scene and graffiti culture. We embrace and respect the assertive and bold personality of Artists and Activists. Pure respect drives our IDEAs which are concepted and crafted from all angles by blending Visual Arts and Applied arts. Established in 2005.

2005年より"TAGS WORKING PARTY”(タグスワーキングパーティ―)として始動。グラフィティーカルチャーにみられる解放されたアート性、鋭利なメッセージ性と執われることのない自己表現を根ざし、ArtistやActivistに敬意を表し活動を行います。多角的な視点からのIDEAをVisual Arts(視覚芸術)とApplied Arts(応用芸術)を組み合わせることで表現します。